読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア駐在日誌 Logbook in Australia

オーストラリアで働く企業戦士(見習い)

First name

オーストラリア人の下の名前のレパートリーの少なさたるや。特に男性。オーストラリアに赴任してから幾星霜、一体何人のAndrew, Chris, David, Darren, Michaelに出会ったことか。英語圏の中でも特に平等主義を志向するオーストラリアは、たとえCEO相手であってもファーストネームで呼ぶ。同名が多いので、会社でも同僚が誰のことを話しているのか、時々分からなくなる。多民族国家でありながら、ファーストネームの多様性はとても低いように見受けられる。

日本ではDQNネーム華やかなりし現在である。最近の子供の名前は、漢字を見ただけでは、性別どころか称呼(声に出したときの音)すらわからない。昔、大学の民法(親族法)の講義で、日本は世界でもまれな命名が自由な国だと習った。例えばドイツでは、ファーストネームで性別が判別できなければならない(男の子の名前は男の子にしか、女の子の名前は女の子にしか付けられない)とか、命名には役所の許可が必要で非常識な名前は付けられないとか、いろいろな制約があるようだ。オーストラリアにこういった制約があるのか、ただ慣習として聖書由来の名前などを付けているだけなのか、まだ調べていないので分からない。

ファーストネームの凡庸さに比べて、サーネーム(名字)はとても多様なオーストラリア。考えてみれば移民が元々持っていた名字を持ってやって来るわけで、それは種類が多くなるのも当然だ。オージーの名字を見れば民族的ルーツが分かるということを最近知り、たまに活用している。

オーストラリアには東欧系移民が多いのだが、彼らの名前はアルファベットで子音が連続したりして、どうやって発音するのか本人に聞かないと分からないという場合がある。日本語は一つの子音に一つの母音が必ず付くから、発音自体はとても簡単。ただ、名前が長いよと文句を言われることが多い。日本人男性にありがちな4文字名前だと、最初の2文字でニックネームを付けられることが多い(トモヒロ→トモなど)。じゃあどんな名前がいいねん、とオージーに聞いたら、Kenとかは発音しやすくてありがたいということだった。だから英語の教科書に出てくる日本人キャラクターはKenが多いのかもしれない。

 

[English translation]

What little variation of the first names of Australians is, particularly male’s. Since I was deployed to Australia, I met countless of Andrew, Chris, Darren, Michael.
In Australia, people tend to call each other in their first name even to CEOs as the principle of equality in society is oriented. I sometimes get lost about whom colleagues are talking as most first names are commonly named.
Despite Australia is a multi-ethnic nation, the diversity of first names seems to be very low.

 

In Japan, so-called DQN names, or weird names, have become normal recently. I do not know even gender by just looking at recent children’s kanji names.
I have learnt it in a lecture on the civil law (family law) in the university that Japan is a rare country in which free naming is allowed.
For example, in Germany, it needs to be able to distinguish genders of children with their first name (the names of boys are only able to be named to boys, the girls to girls), or permission by a government office is required for naming so as to avoid insane names.
I have no idea whether such restrictions exist in Australia or just naming their children after biblical names as a custom.

 

Compared to the mediocrity of the first names, the surnames are very diverse in Australia.
Come to think of it, it is natural because people immigrate with their surnames originally had, and it brings the diversity of them. If you see Aussie’s surnames, you will find out their ethnic backgrounds. I occasionally make good use of it.

 

There are many Eastern European immigrants in Australia. The consonants are continuous when their names written in alphabets. I do not know how to pronounce their names in many cases unless I ask them.
One vowel attaches to one consonant in Japanese language, so pronunciation itself is very easy.
However, I often receive complaints that my name is too long. If it is a four-character name that is common in Japanese men, often be nicknamed with the first two letters (Tomohiro becomes Tomo etc.).


When asking Aussie what kind of name is good, they say Ken and so on are easy to pronounce. That may be why so many Japanese characters whose names are Ken appear in English textbooks.