オーストラリア駐在日誌 Logbook in Australia

オーストラリアで働く企業戦士(見習い)

英語その1

日本人は英語が下手だと言われる。それは正しい。私も例外ではない。

英語力を向上させるヒントがあるので紹介する。これは私の説ではなく、東進ハイスクール安河内哲也氏の受け売りである。オーストラリアでの職業生活を通じて、実に正しいことを言っているなと思ったので、紹介する次第である。

 

まず、特にスピーキングにおいて、間違いを恐れないことである。私たちは母語ですら完璧に話すことはできない。それは英語にもあてはまる。文法的に完璧ではないとしても、何か喋りさえすれば確かに通じる。

 

次に、自信を持つことである。私のオージーの友人の何人かは日本語を勉強している。彼らが日本語を話すとき、顔をとても赤らめる。英語ネイティブの彼らとて、外国語を話すときは緊張するということが分かった。

 

最後に、大きな声で話すことである。これは二番目の点にも関係する。自信なくしては大きな声で話すことはできない。

何かを喋ったときに、たとえオージーに「はぁ?」(日本語の音にすると侮蔑のこもった感じに聞こえるが、英語のHuh?は純粋に聞き返しているだけである。)「パードゥン?」「ソーリー?」と聞き返されても落ち込んではいけない。多くの場合、それは単純に声が小さくて聞き取れなかったというだけだ。必ずしも間違った英語をしゃべってしまったためではない。

大きな声で喋ろう。そうすれば、少なくとも相手は、聞こえてきた単語を繋いで意味の核心を汲み取ってくれる。

 

注:英語ライティング力の向上のため、この記事は英文を先に書き、和文は英文の翻訳である。我ながら、日本語に訳しても英文のような雰囲気が残っていると感じる。要するに翻訳調である。英語と日本語の文章とでは、基本的な構造が違うということを改めて発見した次第である。

 

[English translation]

Japanese people are considered to be poor at English. It is right. I am not an exception either.

There are some tips for improving our English proficiency. Actually, these are what Mr. Tetsuya Yasukochi, a teacher of Toshin High School, said on the internet article. I introduce it because I find these are very useful through my time spent in Australia.

 

Firstly, not being afraid of making mistakes particularly in speaking. We do not always speak perfect language even in our mother tongues. It does apply to English. People understand what I say although it is not a grammatically perfect sentence.

 

Secondly, be self-confident. Some of my Aussie friend study Japanese and they speak it sometimes. I found they also felt embarrassed. They blush when they speak foreign language.

 

Lastly, speak out loud. It is related to the second one. Without self-confidence, we cannot speak out loud. We do not need to be disappointed even if Aussie people said “Huh?”, “Pardon?” or “Sorry?” to what you said. They just did not heard what you said. It is not always your English is wrong.
Let’s speak out loud, then people understand the core of the meaning by connecting some words you spoke.